いつまでも乙女なママのハッピーいばら道

アメリカ在住・バツ2・子ども3人・どん底から浮かび上がって現在婚約中・世界一幸せです

アメリカのニュース

経済復興のための国再開戦略と不安

私たちが住むノースカロライナ州では、5月15日に外出禁止令が解ける予定でしたが、一昨日、それがまた延期となりました。

濃厚接触禁止の今、セックスしてもいいの?

濃厚接触って最初に聞いた時には 何それ? なんだかいやらしいわねー? と思ったのは私だけでしょうか?

去りゆく命と新しく始まる愛

先日、日本ではあまり知られていないかもしれませんが、CNNのアンカーをしている人気キャスターで、公けにゲイであることをカミングアウトしているアンダーソン・クーパーという人に、男の子が誕生したニュースがありました。

グリーンカード給付も停止?

週末ですね。 みなさま、いかがお過ごしですか?

かなりマジでヤバくなってきましたね

もうこれはいつまで続くのか?もしかして、あと2年ぐらい続いたりして?

ソーシャルディスタンスって

今年の流行語にでもなるんじゃないの?という勢いで、「ソーシャルディスタンス」とか「ソーシャルディスタンシング」という言葉が毎日のように聞かれるようになりました。

世の中から隔離されて

さて、アメリカでは大統領が毎日会見にのぞんでいますね

こういう時だからこそできること

アメリカでは、多分もう既に20年ぐらい前から「リモートアクセス」という言葉でマイクロソフトが離れたところからウィンドウズのシステムを使った自分の職場のPCデスクトップや社内ネットワークにアクセスできる、というソフトを開発していたはずです。

コロナ対策:アメリカ編

今アメリカでも「ソーシャルディスタンス」を取る姿勢があって挨拶にハグやキスが当たり前のアメリカでは「エルボウバンプ」や足を使ってタッチするやり方が流行っています。

アメリカのシステムについて

英語の略語についていけない アメリカ連邦政府の仕組み アカウンタビリティーとアメリカのシステム コロナウィルスのテストができる場所 家庭のいざこざ 英語の略語についていけない 私の職場はアメリカの政府関係なので、当然職員が使う言語は英語です。 い…

コロナウィルス:緊急事態になった州が相次ぐアメリカ

ちょっと更新が遅れてしまいましたが、職場でちょっとした「事件」が起こり、コンピューターが使えない状態になってしまいました。

コロナウィルスのアメリカでの影響

イタリアや韓国でコロナウィルスの感染が出た、となった頃、2週間ぐらい前から、アメリカでは世界での影響を懸念して、ニューヨークの株価がドーンと下がり始めました。

コロナウィルスとインフルエンザ

とうとうアメリカでもコロナウィルスの感染が確認されました。

コロナウィルスをやっつける方法

ジョーの婚約者ビザが米国の移民局から申請許可が降りたことは、多分もう半分ぐらいはオッケイが出たようなものなので、喜んでいたのだけれど、米国の移民局やその他政府関係のウェブサイトには、今、トップに出ているのが、コロナウィルスのことばかりです。

ポールダンスと遠距離恋愛とビザ申請

ええと、今日は9時ごろ目が覚めて起きたら娘が朝食を作ってくれていました! わーっ。珍しい! と思ったら、昨日の夜はちょっとバトルがあったので、その「仲直り」なのだそうです。 ふーん。 娘が作った今朝の朝食 娘は花の15歳です。今、彼女は、反抗期…