いつまでも乙女なママのハッピーいばら道

アメリカ在住・バツ2・子ども3人・どん底から浮かび上がって現在婚約中・世界一幸せです

愛してるって言ってますか?

 

今日の動画

さて、今日は、I love you. の言い方についての動画をアップしました。

 

毎日たくさん「愛してる」と言ってくれるダーリンなのですが、英語で言う時は、ちょっと発音の問題で正しく「愛してるよ」と聞こえないことが多いのですね。

 

馬鹿にしているわけでもなんでもなくて、単純に「愛してる」と聞こえて来ないので、ちょっとおかしいなと思ってしまうのです。

 

なんでだろう?

 

と思ったので、その辺のことの解説です。

 

もしかしたらダーリン特有のことかもしれませんが、日本人は「L」と「R」がうまく使い分けられないということはあるので、似たような言い方の問題でうまく伝わらない、と悩んでいる人もいるかな?と思ったりして。

 

なので今日は「I love you」の正しい発音の仕方について、お話したいと思いました。

 

 

感じろって言われても

ダーリンは「感じろ」とよく言うのですが、それはつまり一々言わなくてもわかれ、と言う事なんだと思います。

 

ブルース・リーも言ってましたよね。

 

似たようなこと。

 

頭で考えるのではなくて「感じろ」って。

 

恋愛においては、とっても大切なことだと思います。

 

でーもー。

 

それって自分のことだったらいいけれど、相手のことはやっぱり感じるだけだと危険じゃないですか?

 

「察する」と言う言葉がありますが、アメリカでは「察する」と言う行為はあまりよくないこととされているんです。

 

失礼というかね。

 

だって、何も聞かずに相手のことを勝手にあーだこーだ一人でそうじゃないかな?と決め付けるのってよくないですよね。

 

だから、アメリカでは察する前に必ず言葉での確認があります。

 

私はアメリカの方が長いので、「おーい」と言ったら「お茶」を出すよりも、側に言って「呼んだ?」と聞いてなんで呼んだのか、答えを待つと思います。

 

で、相手が「なんでもない」と言ったならば、それ以上のことは考えずに忘れます。

 

愛情表現

日本の女性が「夫から好きとか愛してるとか言われたことがない」と言う人がいますが、そういう人たちはどうして結婚まで行き着いたんだろう?ととっても不思議になります。

 

プロポーズの言葉はなかった、とか「なんとなくお互いにもうそうするもんだと思っていた」とか、などなど。

 

二人の気持ちのタイミングがうまく噛み合って、自然とそのような流れになった、と言うとってもラッキーでウマが合うカップルもいるのかもしれませんね。

 

ダーリンが言うように、よっぽど「感じた」からなのか、言葉なしで人生が一緒に動くって凄いなあ、と逆に思ってしまいます。

 

確かにそういうのってよっぽど心が通い合ってるというか、もう言わなくてもなんでもわかってしまうというか、超能力みたいな力が二人の間で働いているわけだから、嫉妬するに値するかもしれません。

 

私にはそんなこと絶対にできないから。

 

愛ってナニ?と思うけど

 2回も離婚をしたらそりゃあ、愛ってナニ?と思ってしまうこともたまにあるんですよね。

 

年齢を重ねれば重ねるほど「愛してる」と言うのもむずかしくなってきていたのかもしれません。

 

ダーリンが言うように「軽々しく」言うものでもないのかな、と思ったりしますが、それでもおやはり恋愛中は、それでも甘い言葉は聞きたいですよねー。

 

女性ですから。

 

男性は目から恋に落ちると言いますが、女性は耳からなのですね。

 

今でも充分に優しくて甘いささやきなのですが、ダーリンが上手に「愛してる」と英語で言えるようになるのが、楽しみです。