いつまでも乙女なママのハッピーいばら道

アメリカ在住・バツ2・子ども3人・どん底から浮かび上がって現在婚約中・世界一幸せです

高齢者向けユーチューブチャンネルです

 

動画をアップしました。

 

今年はなんか「高齢者向け」YouTubeが伸びる!?という噂を聞いて、いろいろな意味で反応してしまったワタクシです。

 

だってー。

 

「高齢者」っていうのが、「50代以上の」って言ってるじゃないですか?

 

50代って高齢者ってイメージなんですね?

 

ちょっとびっくりです。

 

アメリカだと50代だとまだ全然若いですヨォ。

 

「I am old」

 

とかって言ったら、鼻で笑われえますね、きっと。

 

日本は平均寿命も長いし本来なら、日本の方が「もう年だしー」とかって言ったら笑われ得ても良さそうなのにね。

 

私ぐらいの年齢だと本当にまだまだなんでも現役だし、恋愛などもお盛んです。

 

最初にアメリカに来た時にお友達がお世話になっていたホームステイ先のご家族が新婚ホヤホヤでしたが、二人ともが3回目の結婚で、お孫さんも3人ぐらいいる60代の人たちでした。

 

流石にその時は私も20代だったし

 

「孫がいて、結婚するってすごいなー」

 

なんて思ったことを覚えています。

 

孫こそまだいませんが、私もそんな風になっているんだから、それもある意味驚きですけどね。

 

話は多少それましたが、私たちが作った「55歳からのハッピーライフ」というくくりでやっているユーチューブチャンネルは、そういう意味ではまさにこれから伸びるチャンネルかも?

 

と思えてきました。

 

内輪じゃ、結構受けているんですが登録者数に伸び悩んでいます。

 

是非とも登録のほど、みなさまよろしくお願いします!

 

www.youtube.com

 

で、まあ高齢者とまでは行かなくても「アラフィフ」とか「アラカン」ってこれからのキーワードとしてはいいのかなー?

 

なんて思いました。

 

個人的にはあちょっとやっぱり抵抗はありますが。

 

年齢で括られたくないというか、「Age is just a number」ですからね。

 

年齢なんて数字にしかすぎないってことで。

 

しかし、ターゲットとしてはいいのかな?

 

じゃあ、ただの惚気動画じゃなくて、皆様に喜んでいただけるにはどうしたらいいのか?

 

っていうのが私たちの課題です。

 

さっきも友人からFB上で「あなたたち二人のやりとり面白い」とコメントされて、思わず

 

「ありがとうございます」

 

と答えていました、私。

 

お前はコメディアンか?

 

って感じですが。

 

面白いと言われて喜ぶのは芸人の粋ですね。

 

ぷっ。

 

ということで、これからはもう少し私もそろそろ「高齢者、かも?」という認識を持って生活しいたいと思いました。

 

昨日はなんと同じ場所で2回も転けましたので。

 

左肩だけでなく右肩も痛めてしまいました。

お尻も痛い。

 

くエェーん。

 

昔、実家の近所のおじさんとおばさんが住んでいるお宅へお伺いした時に、そこのリビングルームの壁に貼ってあった言葉を思い出しました。

 

「年寄りは

 

転ぶな

 

怒るな

 

風邪ひくな」

 

でした。

 

その時、私は20代だったので、

 

へぇー(笑)。

 

ぐらいにしか思いませんでしたが、今はほんとそれ、実感します。

 

ということは、やっぱり私も「年寄り」ってこと?

 

気持ちだけはまだまだ若く(そう言ってること自体が若くない!)いたいですが、とにかくまずは、肩を早く治さねば、と思っています。