いつまでも乙女なママのハッピーいばら道

アメリカ在住・バツ2・子ども3人・どん底から浮かび上がって現在婚約中・世界一幸せです

毎年お誕生日近くに話題沸騰のカイリー・ジェンナー

 

f:id:happy-mom:20200809064902j:plain

うちの娘のコスメ道具。なんとも地味ーな感じ💦

 

カイリー・ジェンナーのお誕生日前に

8月10日と言ったら、史上最年少のビリオネアと言われているカイリー・ジェンナーのお誕生日です。

 

昨年も、一昨年も、派手ーなお誕生日パーティーをしていました。

 

当時のボーイフレンドからのプレゼントは、ロールスロイスとかね。もう10台近く持ってるっつうのに。w

 

昨年の暮れぐらいにはその彼とは破局していましたが、その後も母親業も頑張っているし、娘の2歳のお誕生日にも元パートナーと一緒に娘のために作った遊園地で盛大にお祝いしていました。

 

あー、彼女の娘になりたい、と思いませんか?w

 

私はいつもインスタで彼女のフォローをしています。

 

すごいなーっ!とまるで女王蜂のような体型に度肝を抜かれているのですが、どこまでが本物でどこからが嘘なのかわからなくなってきます。

 

個人的には、彼女の決めてる姿よりも、断然素顔の方が可愛くて愛くるしいと思うんですけどねー。

 

www.eonline.com

 

アメリカじゃ、カイリー・ジェンナーは最もお騒がせセレブって感じで、一年中、エンタメ系ニュースには欠かせない人でもありますね。

 

その彼女がまた自分の23歳のお誕生日前に、いろいろ炎上しています。

 

ソーシャルミディアでは、抗議の署名運動もされちゃっているほど。

 

カーディBとメーガン・ザ・スタリオンの「WAP」

今回問題になっているのは、カメオ出演したお友達の人気ラッパー(カーディB)のPVに出たところ、カーディBとそのコラボアーチスト、メーガン・ザ・スタリオンのファンから総スカンをくらってしまっている、というものです。

 

理由は単に好みの問題もあるかもしれませんが、あそこの場面で「白人」のカイリーが出ると見てるファンは引いてしまう、というものみたいです。

 

私の場合は、ティーンネイジャーが家でゴロゴロしているので、あまり大っぴらにこういうヴィデオは見れないので、よく観賞できてないのですが、やはり黒人アーチストが出るべきだ、と言うのが多くのラップファンの意見みたいです。

 

これがその「WAP」という曲です。

 

カイリーは1分38秒あたりから出てきます。

 

 

うわー。

ちょっと強烈ですね。

 

そもそもこのタイトル「WAP」というのはどういう意味?

 

と思って調べたところ「wet a*s p*ssy」の略だということです。

 

え?

 

妖艶な雰囲気だというのはわかりますが、詳しいことはわかりません。

 

7日に曲がリリースされて以来、ファンは

 

「なぜ、カイリーなの?」

 

とか

 

「この部分は削除したい!」

 

とか

 

批判の嵐なんですよね。

 

他にもカメオで出ている有名人はいるのに。

 

でもってついに「カイリーをWAPから削除しよう」という署名運動まで始まり、今のこの時点では約5万5千人が集まってます。

 

www.change.org

 

目標は7万5千人みたいです。

さて、どうなるのでしょう?

 

もう直ぐお誕生日だというのに、ちょっとお気の毒?

 

いや、そんなことではきっとカイリーはびくともしないかな。

 

カーディBやメーガンたちも

 

「いろいろな人に出て欲しかったので、カイリーにも感謝しています。友情出演をしてくれたのは、みんな多忙な人たちばかりで、そういう彼らが時間を割いてくれたというのは、私たちにとってとても意味があるものです」

 

とカイリー・ジェンナーを擁護しているコメントを出しています。

 

元々仲のいいお友達みたいですからね。

 

ついこの間(6月)も、メーガンはカイリーの家のプールパーティーの帰り道の車の中で発砲事件に巻き込まれ、怪我を負ったというニュースがあったばかりです。

 

ほんと、どこまでお騒がせなんだ?という感じですよねー。

 

ジェンナー・カーダシアン家とカイリーコスメティックス

カイリー・ジェンナーは、「カイリーコスメティックス」の創立者で「自力で富を築き上げた」女性実業家として有名なのですが、この「自力」というところに一般庶民が食ってかかるほど、周りの家族に有名人が揃っています。

 

キム・カーダシアンなど強烈な異父姉がいて、自身のお父さんは、5年ぐらい前にトランスジェンダーにカミングアウトした元陸上のオリンピック選手ブルース・ジェンナーです。

 

トランスジェンダーとしての名前は、ケイトリン・ジェンナーです。

 

カイリーのママでもあるケイトリンの元妻は、クリス・ジェンナーですね。

 

彼女は「モネージャー(monager=mother+manager)」と呼ばれるやり手プロデューサーでもあるのですが自分の子どもたちをリアリティー番組「カーダシアン家のお騒がせセレブライフ」でスターダムにのし上げた人なんですね。

 

でもって、カーダシアン家のパパは、もう亡くなっていますが、90年代にゴシップ誌を賑わせていた元アメリカンフットボール選手で妻の殺人を問われていたO.J. シンプソンのドリーム弁護士団の一人だったロバート・カーダシアンだということなんですよ。

 

今はもう子どもたちの方が断然有名になっていますが、私の世代では、90年代に毎日テレビに出てきていたパパの方が有名でした。

 

で、そのカーダシアンと離婚した後にクリスが結婚したのが、ブルース(ケイトリン)なんですね。

 

ややこしい。

 

つまり、有名な親や姉妹がいるから自分の化粧品ブランドでも成功した、と批判的にとる人もいるみたいです。

 

「自力」というのは彼女にしてみたら、自分一人の一代で自らの努力でビジネスを立ち上げた、という意味になるのでしょう。

 

フォーブス誌によると、Facebookの創立者のマーク・ザッカーバーグが23歳でビリオネアーの仲間に入ったそうですが、カイリー・ジェンナーは21歳のしかも女性という「マイノリティ」の立場から、ビリオネアーの長者番付リスト入りを果たしました。

 

これは快挙なんですね。今から2年前です。

 

その後、その数字は嘘だったとか、金額をごまかしていただの騒がれていましたが、人気があり調子がいいことには変わりありません。

 

「カイリーコスメティックス」は、昨年の11月ごろに、その半分の株式を米国大手化粧品会社のコティに売却し経営権を譲ったということですが、カイリーは新しく「カイリースキン」というスキンケアラインを発表。

 

経営不振のコティに大いに貢献しているというもっぱらの噂です。

 

すごいですね。

 

今回のお誕生にもアメリカ時間(パシフィックタイム)で10日午前9時から限定発売が始まるみたいですよ。

 

 

色使いが超可愛い!

乙女心をくすぐられます。w

 

ケイトリン・ジェンナーについて

カイリーのお父さんは、トランスジェンダーとしてカミングアウトしてから頻繁にタブロイド誌に出てきているのですが、ちょっと気になる存在でもあります。

 

アメリカのLGBTQ+コミュニティーにも大いなる影響を与えた人でもあるし、私的には応援しているんです。

 

とっても正直で一生懸命自分の人生を生きている人だなー、なんて勝手に思っているんですが。

 

カミングアウトした時には、恋愛対象は、男性なのか女性なのか、どっちでもいいし、自然に任せる、というようなコメントをしていて、トランスジェンダーというのも色々とあるんだな、と思った次第です。

 

その後は、浮いた話はなかったのですが、数年前には47歳も若い同じくトランスジェンダーの女性と付き合っている(つまり元男性ですかね?)、みたいな記事も出ていました。

 

恋愛感情はない、ということで二人とも否定しているみたいですが、私は逆に70歳のケイトリン・ジェンナーにも素敵なパートナーが出来たらいいのにな、と思っているんです。

 

余計なお世話ですけどね。

 

恋愛感情はないけれど、いつも一緒で何をするのも一緒という関係も本人同士がいいのであれば、それもありかなとは思いますが、相手の人はまだ20代なのだから、彼女のこれからの恋愛の邪魔になってはいけないと思うし(世間一般に理解されにくい関係の中にいるのは罪ですからね)、ケイトリンにとってもカミングアウトしてから「恋愛」経験がないのであれば、是非とも経験して欲しいと思っています。

 

ついこの間、ケイトリン・ジェンナーは、インタビュー雑誌で9歳の頃から性同一障害でずっと悩んでいた、と打ち明けています。

 

その中でも彼女は

 

「私はもう70歳よ。人生他にもやることがたくさんあるの。正直、恋愛はもうしないと思ってるわ」

 

と言うことです。

 

まあ、子どもも4人もいるし、やるだけのことはやった、ということなのでしょうか?

 

まとめ 

8月10日はカイリー・ジェンナーの23歳のお誕生日です。

 

出る杭は打たれる的にカイリーが嫌われている感が最近しますが、離婚しても元夫婦で一緒に子育てに頑張っている姿には微笑ましい感じがします。

 

相当慰謝料もらったのかな?

 

タイトル名が何やらいやらしい感じのカーディBとメーガン・ザ・スタリオンの新曲「WAP」では、カメオ出演したカイリーは散々な批判を受けていますが、人種的問題であれば彼女には罪はないと思いました。

 

それこそネット中傷ってやつですよね?

 

ソーシャルメデイアは便利でもありますが、使い方を間違えたらとんでもないことになりますので、みなさん気をつけて利用しましょう。

 

私はカイリーのお誕生日にカイリースキン、買いますから!