いつまでも乙女なママのハッピーいばら道

アメリカ在住・バツ2・子ども3人・どん底から浮かび上がって現在婚約中・世界一幸せです

恋愛における妄想とは、という話

昨日の続きなのですが、妄想のこと。

 

よく恋をすると「あばたもエクボ」と言いますよね?

 

この間も母から

 

「まあ恋をすると盲目になるとは言うけど、あなた達も本当にそんな感じね?」

 

みたいなことを言われました。

 

私はそれは褒められていると受けとって

 

「ありがとう!」

 

と答えておきました。

 

恋愛って盲目になってナンボじゃないですか?

 

要はその盲目感がずーっと続けばいいわけですよね。

 

一生死ぬまで。

 

だとしたら問題ないと思います。

 

もっともそのことで人様に迷惑をかけているとか、不倫とかで他の人を傷つけてしまっているとかそういうことでなければね。

 

親が心配するとかそういうことは、ある意味どういう関係でもつきものだし、もしかしたらそれは「干渉」というものかもしれないし、それはもう親の勝手、と言うことにしておきます。

 

だーかーら。

いい妄想を二人で持ち続けることが幸せへの道だと思うのですね。

 

私が動画の中で言っている「こんな妄想を持ち続けることができるなんて」と言うのは、50代でありながら、14歳に戻ったみたいな妄想なわけで、お見苦しいかもしれませんが、本人的にはとっても心地よいです、はい。

 

でもって、絶対に消えてなくならないと思います。

 

だってダーリンと私は小さい時から知っているしやっぱり14歳の時のダーリンはインパクト大きいですから、私の中で。

 

だから二人は永遠の14歳なんですね❤️

 

これもある意味、外部者にしてみたら「アホらし」と思われてしまうことかもしれませんが、そんなことで二人が幸せになるのであれば、その妄想って素晴らしいですよね?

 

よく大人たちが「そんな恋愛やめなさい」とか「もっといい人がいるから」とかって言う場合がありますが、そうだとしたら本人同士だってそんなことは百も承知だと思います。

 

それでもその人がやっぱり好きだと言う事ですからね。

本人に任せておけばいいのだと思います。

 

逆にそんな情熱的な恋愛ができるのは、ラッキーなんじゃないかな?と苦しい恋愛をしている人たちを見ると、そんな風に思ったりもします。

 

やめたくてもやめられないのが恋愛の醍醐味でもあるわけですよね?

 

みんながみんないい恋愛をしているわけじゃないし、逆に言うと、周りが反対する相手なのに、それでも好きになるのだから、よっぽど惹かれるものがある、ということでもあるわけですよね、きっと。

 

それが「恋は盲目」ということだと思うし、言葉を変えると恋のマジックって言うことですよね。

 

あ、ちなみにダーリンと私は周りからは誰からも反対されていませんから。

 

相手から、またはお互いにネガティブな感情だけ注がれて明らかに不健康な関係になっていくのであれば、それは現実的にはバッサリと絶った方がいい恋愛でしょうが、それでも一緒にいたいと思って一緒にいる場合は、それはそれでいい経験となっているのではないかなと思います。

 

その時は。

 

後々、その関係から出たところで振り返ると、またいろいろな意味で反省点やら真相が分かったりしてくると思いますが。

 

私はかなーり前なのですが、ちょっとした妄想に取り憑かれてしまい、数年その思いから抜けられないという辛ーいことを経験しました。

 

思い出すだけでもマジで、くら〜い雰囲気にハマってしまいます。

 

漫画で例えるなら、おでこにいきなり線が入るやつ。

あんな感じです。

 

それは、つまり、あの...

失恋なのですが。w

 

恋に盲目になったのはルンルン気分で楽しかったのですが、その後は、一人で妄想が膨らみ、大変でした。

 

これって何?

ただの妄想?

 

私は何?

あの人は結局何だったの?

全ては夢???

 

みたいになってしまいました。

 

それで、今までのことも全てが「妄想」だったのかな?とすっかり悩んでしまったわけです。

 

で、たまたまなのですが、その時にビジネスの講習会みたいなものに参加したのですが、そこでスピーチをしたカリスマビジネス講師の口から

 

「ビジネスには妄想が必要です」

 

という言葉が出てきました。

 

えぇ?!

妄想?!

 

と思ったら次の瞬間にまたその人は

 

「妄想とは

もう、そうするしかなかったってことですよ!」

 

と言ったんです。

 

ぶっ飛びました。w

 

確かお金を払って受けた講習会だったと思いましたが、それだけでも十分に元を取ったと思いました。

 

いやあ、私のあの妄想も「もう、そうするしかなかったんだあー」と思ったら、いきなり心が晴れたんですね。

 

全然関係のないビジネスの集まりでしたが、そんなことですっかりと黒い妄想に囚われていた私の心が救われた、というお話でした。

 

なんじゃ、そりゃ?

 

妄想も正しい人と正しく行わないと大変な目に遭うってことでした。

 

それが言いたかったのですね。

 

昨日の動画をもう一度貼っておきます。